認知症について

厚生労働省による試算によると、2025年における認知症患者は700万人を超えるといわれています。
65歳以上の認知症高齢者の割合は5人に1人という計算になり、在宅医療も含めた認知症対策が急がれています。

認知症と種類

認知症は何らかの病気によって脳の細胞が死んだり、働きが悪くなったりして、日常生活や社会生活に支障が出ている状態をいいます。記憶力や判断力の障害が約6ヶ月以上継続し、本人に自覚がないのが特徴です。

認知症の代表的な種類としてアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症(パーキンソン症状)、前頭側頭型認知症、脳血管性認知症の4つが挙げられます。
そのうち最も多いのがアルツハイマー型認知症で、認知症の6割を占めています。

症状について

代表的な症状は、数分前のことを忘れてしまう記憶障害と、時間・場所・名前・家族などが分からなくなる見当識障害といった中核症状です。中核症状を自覚すると不安や焦燥、幻覚や妄想、徘徊やうつ病などの周辺症状が起こることも少なくありません。

行動面や心理面の症状は人間関係や本人の性格、環境や時間帯などが絡み合って起こるため、個人差が大きいといわれています。しかし症状の進行が進むと、古い過去の記憶も失われ、理論的な思考が難しくなります。

治療について

正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、甲状腺機能低下症、栄養障害などは、治療が可能な認知症のタイプに挙げられます。これらの病気を治療すると、認知症も改善されるケースが多いです。
また、早期診断や早期治療により、治療効果が高くなることがあります。認知症は生活習慣病と関連がありますので、栄養管理や運動習慣など生活習慣を改善すると、認知症の予防や進行を遅らせることに繋がります。

当院は神戸市須磨区、垂水区、西区などで在宅医療を行っています。
訪問看護や介護・福祉機関との連携も行っていますので、認知症ケアにお悩みの方はお気軽にご相談下さい。生活習慣病などの慢性疾患末期患者様にも丁寧にご対応いたします。

地域の診療所と協力しあい、地域医療に注力している当院の在宅医療サービスを、ぜひご活用下さい。

診療時間

外来診療時間
午前 9:30~12:30
午後 18:30~20:00
  • 水・土・日・祝日はお休みをいただいております。
  • 往診は予約制ですが、緊急時は随時往診いたします。 >往診エリアについて

当院は、在宅療養支援診療所として、24時間365日 地域の皆様の療養生活をサポートします。 TEL.078-782-2520

  • よくあるご質問