保険制度別、訪問看護が利用できる人の条件の違い

訪問看護の利用を考えた時、多くの人は介護保険医療保険どちらかをご検討されると思いますが、その2つの保険制度は利用できる人の条件に違いがあります。こちらでは、年齢別にその違いを詳しく解説します。

65歳以上

65歳以上の場合介護保険を利用できるのは、要支援・要介護と認定された方のみです。そのどちらにも該当しない方は介護保険が利用できません。一方医療保険を利用できるのは、医師が訪問看護の必要性を認めた方で、介護保険の要支援・要介護に該当しない方になります。

40歳以上65歳未満

40歳以上65歳未満の場合介護保険を利用できるのは、16特定疾患の対象者で、要支援・要介護と認定された方です。一方医療保険を利用できるのは、医師が訪問看護の必要性を認めた方で、16特定疾患の対象ではない方、あるいは16特定疾患の対象でも、介護保険の要支援・要介護に該当しない方に限られます。

40歳未満

介護保険の対象年齢というのは40歳以上からとなりますので、40歳未満の方の場合、介護保険による訪問看護はご利用することができません。一方医療保険は、医師が訪問看護の必要性を認めた方であればどなたでも利用することができます。

特例

基本、訪問看護では介護保険と医療保険を同時に利用することができません。しかし、介護保険の要支援・要介護の認定を受けた方でも、症状の悪化により医師の特別指示が出されている方、介護保険における厚生労働大臣が定める疾病などの方に限り、特例として医療保険による訪問看護の利用が認められています。

介護保険と医療保険には利用できる人の条件に違いがありますので、訪問看護をお考えの方はしっかり把握しておくことをおすすめします。

神戸市垂水区にある当院では、訪問看護サービスを行っています。当院の訪問看護では健康チェックや医師の指示による処置・検査、身体の清潔に関する援助・指導などを行います。また当院の訪問看護は24時間365日電話対応ですので、利用者の方に安心をお約束します。垂水区や須磨区、西区(一部地域に限ります)にお住いの方で、訪問看護をお考えでしたらお気軽に当院へご相談下さい。

診療時間

外来診療時間
午前 9:30~12:30
午後 18:30~20:00
  • 水・土・日・祝日はお休みをいただいております。
  • 往診は予約制ですが、緊急時は随時往診いたします。 >往診エリアについて

当院は、在宅療養支援診療所として、24時間365日 地域の皆様の療養生活をサポートします。 TEL.078-782-2520

  • よくあるご質問