がんの方へ

準備中です。

がんの方が在宅で過ごす意味とは

がんの方が在宅で過ごす意味とは

がんの症状が進み、患者、家族ともに残された時間はわずかだと判明した場合、限りある時間を家族で共有することは貴重なものです。
たとえ病人でも、自宅では家族の一員として暮らすことができ、病院のように他人の目を気にする必要もないため、お互いの気持ちを率直に語り合うことが可能です。
また、余命告知を受けている受けていないにかかわらず、がんの
進行をその身体で感じている病人は、どういう形であれ人生のまとめをしたいと思うことが多いようです。
たとえば遺言を書いたり、仕事を整理したり、あるいは家族や友人に宛てて手紙を書いたり…。
そうした身辺整理は、在宅でこそできるものです。最期は再入院やホスピスを選ぶようになったとしても、少しでも身体が動くうちは在宅で過ごすことを検討する価値はあるのではないでしょうか。

診療時間

外来診療時間
午前 9:30~12:30
午後 18:30~20:00
  • 水・土・日・祝日はお休みをいただいております。
  • 往診は予約制ですが、緊急時は随時往診いたします。 >往診エリアについて

当院は、在宅療養支援診療所として、24時間365日 地域の皆様の療養生活をサポートします。 TEL.078-782-2520

  • よくあるご質問