医師紹介

院長 新国雅史

院長 新国雅史

略歴

1986年
愛知医科大学 医学部卒業
1986年~1993年
特定医療法人沖縄徳洲会 神戸徳洲会病院勤務
1993年
新国内科医院開業
1999年
医療法人社団 新国内科医院 設立

1961年京都市生まれ。
1986年に愛知医科大学を卒業後、神戸徳洲会病院に勤務する。
1987年には徳之島徳洲会病院で主にプライマリケア医学研修を行った。

1993年に神戸市垂水区小束山本町のビルの1階に新国内科を開業、1999年には現在地に移転、医療法人社団 新国内科医院と組織改革した。

大学時代は国家試験の受験勉強には真剣に取り組んだが、「このままでは医師としては何もできない」と気づき、医師として、臨床の実力をつけるには医局に入局するよりも、民間病院で経験を積むことの方が良いと考え、当時、24時間体制をとる病院として全国展開していた徳洲会を選択、新規開業の神戸徳洲会病院にたった一人の研修医として赴任した。循環器内科や消化器内科を学び、自分が受け持つ患者様をいかにマネージメントするべきかを勉強する毎日で、その一方、徳之島徳洲会病院ではプライマリケア医学の研修を受け、この経験が開業への思いを強くするきっかけとなった。

30歳という節目に、専門を決めるとなると多くの葛藤があり、そんな中で「往診をしたり、患者さんを家で看取ったりするのは、誰もしてへんなあ」と気づき、誰もやっていないことをやろうと在宅医療を行う診療所を開業することとなった。

愛新 啓志

愛新 啓志

略歴

広島大学医学部卒業
広島大学病院 第一外科
大田市立病院 外科 緩和ケアチーム担当医
広島市立安佐市民病院 心臓血管外科
神戸海星病院 外科 緩和ケアチーム担当医

資格・所属

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本癌治療学会
日本緩和医療学会
日本外科学会専門医

少子高齢化が進む中で、だれもが住み慣れた地域で安心して暮らし、自宅で充実した最期を迎えるために、在宅医療が果たさなければいけない役割はますます重要なものとなってきています。
今まで外科医として、また緩和ケアチームの医師として、多数のがん患者様と関わり、多くのことを学ばせて頂きました。その経験を活かすとともに、さらに医師としての視野を広げるために、この10月から新国内科医院で勤務させて頂くこととなりました。在宅医療の中でも特に緩和ケアを中心に担当させて頂きます。
緩和ケアはよく「がん末期の終末期医療」と理解されます。現実的にそのような一面はありますが、一方では患者様の尊厳を大切にし、最後まで自分らしく生きるために「生」の医療でもあります。しかし、痛みやつらさ、経済的問題など、病気によって出てくる様々な問題に苦しんでいる状態では自分らしい生き方など望むべくもありません。病気による症状を取り、医療サービスをうまく利用する。さらにはご家族の負担を軽くし、それ以外にも出来る限りの気配りをすることで、患者様が自分らしい生き方を実現できるようにサポートしていくことが大切です。
もちろん全てが望み通りになるわけではなく、現実は厳しいことも多々ありますが、医療者が諦めたら最後だという信念の元、よりよいケアの実現に向けて努力したいと思います。

診療時間

外来診療時間
午前 9:30~12:30
午後 18:30~20:00
  • 水・土・日・祝日はお休みをいただいております。
  • 往診は予約制ですが、緊急時は随時往診いたします。 >往診エリアについて

当院は、在宅療養支援診療所として、24時間365日 地域の皆様の療養生活をサポートします。 TEL.078-782-2520

  • よくあるご質問