当院の特徴

当院の特徴

当院の理念

住み慣れた地域で安心して暮らすために「良いかかりつけ医」を目指します

患者様とより良い人間関係を作り、「かかりつけ医」「ホームドクター」としてだけでなく、「私の診療所」として、地域の患者様がいつでも相談できる、もっとも「味方」になれる存在としての診療所を、医師・看護師を始め多職種チームで目指しています。

当院の特色

「外来」から「在宅医療」まで

「外来」から「在宅医療」まで

 

  • 当院は、外来診療と在宅への訪問診療を行っております。そのため、外来で日頃の健康管理や治療を行い、通院が難しくなってきたら、自宅や施設への訪問に切り替えて、引き続き診療等を行うことができます。安定している時も体調が変化した時も、「かかりつけ医」として継続して支援が受けられます。
  • 在宅医療では、「緩和ケア充実診療所」として、住み慣れた自宅や施設での治療や療養、在宅での看取りまで行っています。

長年の経験と24時間体制による安心感

長年の経験と24時間体制による安心感

  • 25年以上にわたる外来診療と在宅医療での「かかりつけ医」経験を活かし、患者様やご家族一人一人のニーズや課題にきめ細かく対応させていただいています。家族ぐるみで「私の診療所」として利用していただいてる方も多くおられます。
  • 在宅診療を受けられる患者様には、在宅療養支援診療所*として、24時間体制で医師や看護師、薬剤師が対応できるようにしています。夜間や休日については「K-DOSS(神戸ドクターカーお留守番サポートシステム)*」という約15名の医師からなるチームを地域で構築し、患者様が家族がより安心できるシステムを稼働させています。
  • 外来患者様も必要に応じて訪問看護と連携を取り、24時間体制で相談や対応が行えるようにしています。

在宅療養支援診療所とは

在宅医療を受けておられる患者様からの連絡を24時間体制で受けることができ、往診・訪問看護を提供できる診療所。地域の病院などの医療機関やケアマネジャーなどの介護サービスととも連携を取り、緊急時の対応からご自宅での看取りまで、患者様やご家族の在宅療養をサポートします。

日ごろの健康管理から、より専門性の高い医療・ケアの提供まで

日ごろの健康管理から、より専門性の高い医療・ケアの提供まで

  • 当院では、健康診断や予防接種など日頃の健康管理や糖尿病や高血圧、心不全、脳梗塞などの慢性疾患の病状管理から、がんや認知症、リウマチやパーキンソン病、ALSなどより専門性の高い対応が必要な様々な疾患の「ホームドクター」として対応しています。
  • 院内には、がん看護専門看護師、言語聴覚士(ST)、放射線技師、栄養士など専門性の高いスタッフも配置しています。さらに周辺地域の専門性の高い職種や医療機関とも密接に連携しています。

医療情報の徹底管理

医療情報の徹底管理

  • 当院では外来診療、在宅診療とも電子カルテを導入し、個人情報のセキュリティを徹底管理した上で、患者様の「味方」として、いつでも最も良いと思われる医療やケアが受けられるように、クラウドで医療情報の管理と充実を図っています。
  • 当院では開設以来、情報開示と情報共有を目的に、「私のカルテ」を在宅療養支援を受けられている患者様全員にお渡ししています。「私のカルテ」は患者様の診療カルテであり、日記であり、連絡ノートであり、意思表明でもあります。インフォームドコンセントに加えて、いつでもどこでも自分の医療情報が使えるようにしたいと考えています。「私のカルテ」は患者様と私たちが協力し合って一緒に作っていきます。
  • 「患者サマリー」は、これまでの病歴から検査内容、治療経過、連携先等にいたるまで患者様の情報が包括的に捉えられるよう工夫しています。

地域との円滑な連携

地域との円滑な連携

  • 患者様がどこの医療機関・介護施設等を利用されていても、チームでより良い医療・介護サービスを提供するために、周辺地域の病院、診療所、介護サービス、行政などとの連携の充実を図っています。
  • 長年、多くの患者様に関する連携だけでなく、定期的な地域カンファレンス、勉強会等を行い、お互いの信頼関係を大切にしながら、より良い医療・介護が提供できるよう、組織の壁を越えて多職種チームで取り組んでいます。