採用情報

看護師長 がん看護専門看護師 宇野 さつき

看護師長あいさつ 宇野 さつき

当院では神戸市垂水区を中心に、地域のさまざまな医療機関や介護施設、行政等とも連携し、外来診療および訪問診療、訪問看護等をとおして、患者さまの療養生活をサポートさせていただいております。

たとえどんな病気や障害があっても、予後が限られていても、一人暮らしであっても、誰もが住み慣れた地域で、安心して機嫌よく過ごすことができるよう、医師や看護師、薬剤師、ケアマネジャー、事務方等とチームを組み、個々の価値観を重視したキュアとケアを提供しています。

私は2006年からがん看護専門看護師としても活動しておりますが、当院ではがん患者さまだけでなく、さまざまな疾患や障害の方、小児から高齢者まで幅広く対応しています。

宇野 さつき

 

その中でも看護師は、患者さまや家族のニーズを多角的にとらえ、疾患管理から生活支援まで幅広く対応できるよう、専門的な知識と看護技術を常にブラッシュアップし、積極的に丁寧に関わることを心がけています。 外来患者さまから「ここにくると、ホッとする」という言葉や、在宅の患者さまから「家にいても安心して過ごせています」「最期まで家で過ごせて良かった」という言葉がうかがえると、とても嬉しく思います。

また私も含め、すべてのスタッフがワーク・ライフ・バランスを取りながら、心身とも元気で仕事が行えるよう、お互いが理解し合い、助け合い、働きやすい職場づくりにも配慮しています。

当院が少しでも地域でお役に立てるよう、看護師一同、多職種とも協働し、今後もしっかり取り組んでいきたいと思っております。

 

ゆりかご訪問看護ステーション 所長 森川 えみ

所長あいさつ

ゆりかご訪問看護ステーションは介護保険施行の平成12年1月「地域に根ざした在宅医療を支える」として開設し、 「ホームナースとして病気や障害を持ちながらも在宅で療養中の方々に誠意を持って利用者一人一人にあった看護と安心を」をモットーに訪問看護を続けております。

私どもは、今まで沢山の患者様、ご家族様と出会い、そして、「その人らしい人生最終章を送るためにはどうしたらいいか」を常に真剣に考え、意見交換し、情報を共有しながらともに歩んできました。

誰もが「年を重ねても病気になっても自分らしく暮らしたい」と願う一方で、ライフスタイルの変化や核家族化が進むなど家族だけで介護することが難しい状況になってきております。

しかし、これからも、病気や障害をお持ちの方や高齢の方、介護を必要とされる方が、ご家族や地域のサポートによって住み慣れた地域社会で、自分らしく、安心して療養できるよう、お一人お一人のニーズにあわせ、より専門的で質の高い温かいサービスを提供いたします。さらに、在宅療養を支えるにはそれぞれのサービスの連携が大切です。地域の主治医の先生も含め、 関連機関との連携をとり、私たちがいることで、「安心して家で療養生活できる」と思っていただけるよう24時間体制でサポートを継続していきます。

 

先輩看護師の声

「私にとってここは、自分らしく、いきいきできる場所」

Q 職場はどの様な感じですか?
子育て中でも働きやすく、子供の学校行事や体調が悪い時にもお互いにフォローし合える環境です。
院内でも医師、看護師だけでなく放射線技師、言語聴覚士、栄養士など、様々な職種の方々と関わる機会が多く、刺激になります。
Q 外来のお仕事はどの様な感じですか?
外来は定期的に受診される患者様が多く、メンバー同士お互いに声を掛けたりと、とても和やかな雰囲気です。
また、スキルアップとして幅広い仕事を身につける事が出来る環境です。
Q 在宅訪問看護のお仕事をしてみてどうですか?
在宅での看護は患者さん、ご家族に寄り添った看護を心掛けている職場です。
また、患者さんより入院中は厳しい状態であったにも関わらず、自宅で看護を受けた事で、食事が摂れるようになったとお聞きした時に、在宅でのパワーを感じることが多いです。
在宅看護をすることでご家族の一員であるという感覚で関わることが出来て、とても勉強になる事や、沢山のやりがいを感じています。