看護師長のあいさつ

新国内科医院 看護師長 がん看護専門看護師 宇野さつき

当院では神戸市垂水区を中心に、地域のさまざまな医療機関や介護施設、行政等とも連携し、外来診療および訪問診療、訪問看護等をとおして、患者さまの療養生活をサポートさせていただいております。 たとえどんな病気や障害があっても、予後が限られていても、一人暮らしであっても、誰もが住み慣れた地域で、安心して機嫌よく過ごすことができるよう、医師や看護師、薬剤師、ケアマネジャー、事務方等とチームを組み、個々の価値観を重視したキュアとケアを提供しています。 私は2006年からがん看護専門看護師としても活動しておりますが、当院ではがん患者さまだけでなく、さまざまな疾患や障害の方、小児から高齢者まで幅広く対応しています。

その中でも看護師は、患者さまや家族のニーズを多角的にとらえ、疾患管理から生活支援まで幅広く対応できるよう、専門的な知識と看護技術を常にブラッシュアップし、積極的に丁寧に関わることを心がけています。 外来患者さまから「ここにくると、ホッとする」という言葉や、在宅の患者さまから「家にいても安心して過ごせています」「最期まで家で過ごせて良かった」という言葉がうかがえると、とても嬉しく思います。

また私も含め、すべてのスタッフがワーク・ライフ・バランスを取りながら、心身とも元気で仕事が行えるよう、お互いが理解し合い、助け合い、働きやすい職場づくりにも配慮しています。

当院が少しでも地域でお役に立てるよう、看護師一同、多職種とも協働し、今後もしっかり取り組んでいきたいと思っております。